感性に合った心地よい素材 を 手から手へ

世界でも有数な生地の産地 浜松

浜松は細い糸を綺麗に織り上げる技術は世界一とうたわれる遠州織物の産地です。心地よい肌さわり、豊かな風合い、テキスタイルの美しさなど、糸から生地に織り上げる細やかな機屋さん、その先にある生地加工屋さんの技術の技術とこだわりによって、世界のバイヤーが買い付けにくるほどの此処でしか作れない品質のよい生地産地です。

DM.Saeでは、実際に機屋さんへ伺い、お会いしながら自分の感性に合ったテキスタイルからカタチにしています。

 


三度の試作で完成した・・・

遠州織物  ディーエム さえ  オーダーメイド   シャツ

ハーフスリーブシャツ生地の魅力と着心地良さの理由

遠州織物  ディーエム さえ  オーダーメイド   シャツ

遠州の伝統織物 遠州綿紬の魅力

 

江戸時代中期から今も浜松市内でおり続けられている36センチ幅の着物生地遠州綿紬。遠州織物の原型ともいわれているこの織物の 

 

・味わい豊かな日本色  ・表情豊かな縞柄  ・軽い着心地 

 

に魅せられ、2007年、一枚一枚手作りの≪DM.Sae 遠州綿紬の愉快なシャツ≫としてシャツ作りをスタートさせました。オリジナルブランドをはじめるきっかけにもなったDM.Saeとの所縁が深い大好きな織物です。 

 遠州綿紬で仕立てたシャツは

 

・繊細で豊かな縞柄

・高温多湿な日本の気候にあった軽い着心地 

・黄色人種の日本人の肌に映える日本色 

・独特な風合い 

 

など、ほかの素材にはない味わい豊なシャツに仕上がります。

 

浜松ではこの伝統織物再興への取り組みも盛んにおこなわれています。遠州縞プロジェクト

【遠州綿紬アイテムのお洗濯】

遠州綿紬は昔ながらの製造工程のまま織り上げられる着物生地です。そのため「お洗濯の摩擦による染料のはく離」「紫外線による色あせ」などの経年変化があります。一般的な綿素材の衣料としてお洗濯をして頂きながら、色の変化を楽しんでいただける素材ではありますが、独特の色味を長く維持させるためには次の点にご留意頂いたお手入れをお勧めしております。

 

① 漂白剤の入っていない中性洗剤(お洒落着洗剤】を使う。一般的な洗剤は相当量の漂白剤が入っていますのでご注意ください

② ネットに入れて洗濯、または付け置き洗いをする。洗濯機による衣類同士の摩擦をできるだけ防ぐ

③ 日陰に干す

④クリーニングもOKです

お手入れにひと手間お気遣い頂くことで、天然素材の着心地の良さと豊かな日本色を長くお楽しみいただければ幸いです。

【遠州綿紬素材のお仕立てについて】

遠州綿紬は江戸時代から今も織り続けられてきている浜松の伝統織物です。36センチの着物生地で、シャツに仕立てるために背中と袖部分で生地をはぎ合せて仕立てています。

 


ボタンの宝石 貝ボタンは国内加工の・・・

遠州織物  ディーエム さえ  オーダーメイド   シャツ

 

「ボタンの宝石」と言われる貝ボタン。創業以来DMSaeではそのすべてを奈良県にある貝ボタン製作所のものを愛用しています。その理由は「愛情ある手作業おのなかで、確かな品質と工夫にこだわる」職人さんのぬくもりあるボタンだからです。その一つ一つの輝き・色味・手触りを楽しみながらシャツの「顔」を決めるボタンを選ぶのはとても楽しい作業です。またボタンを付け変えてシャツの表情を楽しむという、シャツのリメイクも提案しています。